喜んでもらえるギフトにお勧め!「壁掛けプリザーブドフラワー」

大切な人に何かギフトを贈りたいと思った時、どんな物を贈ったら喜んでもらえるのか悩みますよね。壁掛けプリザーブドフラワーは、ギフトとしてギフト相手に喜んでもらえる人気のプレゼントアイテムです。ここでは、そんなプリザーブドフラワーついて色々見ていきたいと思います。

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは、英語で保存すると言う意味のpreserve(プリザーブ)と言う言葉が言語になっています。生花の最も美しい時期にオーガニック系の染料を生花に吸わせて花の色素を抜き、特殊加工を施す事によって生花の自然な風合い、姿、生花の美しい色鮮やかな花色を長い間保つ事が可能な加工花になります。特別な染料によって花に色を付けていくので、生花では無いようなバラエティー豊かなカラーバリエーションがあるのが特徴です。プリザーブドフラワーは枯れる事が無い為、花に水やりをする必要も無く、生花のような香りや花粉が散る事はありません。

プリザーブドフラワーの保存期間について

比較的湿気の少ないヨーロッパ等では5年~10年程度保存がきくと言われています。しかし、日本の場合は湿気が多い気候なので、出来るだけ長くお花を保存させる為には工夫が必要になります。保存状態に気を付ければ5年以上保存する事も可能です。

保存を長持ちさせるポイント

プリザーブドフラワーを飾る上で大事なのが、プリザーブドフラワーを飾る場所や環境です。プリザーブドフラワーを長持ちさせる為には2つの大きなポイントがあります。そこをしっかり押さえて、快適な環境の下ディスプレイしていきましょう。
高温多湿を避ける事
環境にとてもデリケートな性質を持つプリザーブドフラワーは、高温多湿な場所には向きません。高温多湿な場所に飾っておく事で、折角綺麗な色味の花びらの色が薄くなってしまったり、染料が暑さで溶けて染み出てしまったり、他にも、お花にヒビが入ってしまう恐れもあります。高温多湿を避けて、大体、気温は18度~25度程度、湿度は30%~50%程度がベストになります。なので、夏場の場合は特に空調が整備されている場所で保存しておくと間違いありません。
直射日光等の強い光を避ける事
プリザーブドフラワーは強い光に当たる事によって、色鮮やかな花が色褪せます。綺麗な色味が特徴のプリザーブドフラワーの魅力が失われてしまうので、直射日光や強いライトが光る場所に飾る事は避けましょう。涼しくて風通しの良い場所に飾るのがお勧めです。

プリザーブドフラワーの魅力とは?

プレゼントとして贈る楽しみがある

プリザーブドフラワーはプレゼントとしてのギフトに人気があります。プレゼントされた側もお花の水やりのお手入れをする必要も無く飾っておく事が出来るので、プレゼントされても不便がありません。ギフト用として販売されている物には可愛い入れ物にプリザーブドフラワーがセンス良く飾られており、大きさ等に関しても色々な種類があるので好みの大きさも選ぶ事が出来ます。よく、誕生日プレゼント、母の日の贈り物、闘病中の方へのギフト等にプリザーブドフラワーを贈る方が多いです。 プリザーブドフラワーはギフトにも人気ギフトでプリザーブドフラワーならこちらのお店がおすすめ

色々な場所に飾る事が出来る楽しみ

プリザーブドフラワーは、飾る環境には少し配慮が要りますが、色々な場所にディスプレイして室内に明るさや華やかさを与える事が出来ます。長くお花の保存がきく特徴を活かして、お気に入りの写真の横にプリザーブドフラワーをディスプレイしても素敵ですし、シンプルな鏡にお花をデコレーションしても可愛いです。また、プリザーブドフラワーでも和風、洋風等の要素をアレンジメントに取り入れた季節感のある物であれば、日常生活の中で季節を感じながらお花を楽しむ事も出来ます。このように、プリザーブドフラワーを飾る事で心が豊かになり、生活を彩るアイテムにも一役買ってくれます。

自分で作製作出来る楽しさがある

大切な方からプレゼントされたお花を長く保存して残しておきたい場合、自分でプリザーブドフラワーにして長期保存して楽しむ事も出来ます。例えば、結婚式でもらったブーケ、記念日に貰った一輪花、家庭の庭で咲いた可愛いお花等、綺麗な状態で残して思い出として残しておく事が出来たら嬉しいですよね。また、プリザーブドフラワーは生花では決して再現できないカラーを再現する事が出来ます。自由に色を好きに創造出来る楽しさもあります。

プリザーブドフラワーに用いられているお花とは?

現在プリザーブドフラワーは限られた種類のお花でしか製造されていない貴重なお花加工になっています。その理由には、プリザーブドフラワーの複雑な特殊加工工程と加工に高いスキルが求められるからです。そんな貴重なプリザーブドフラワーで、一番多く販売されているのがバラ、カーネーション、アジサイ、蘭等です。プリザート加工をしやすい事や、プリザーブドフラワーとしての存在感が強い事が要因になっています。

最大人気はお花の王道「バラ」

プリザーブドフラワーは1987年にフランスで初めて作られ、その際に使用されたお花がバラであり、バラはプリザーブドフラワーとしての代名詞として人気が高いお花になります。女王の花として相応しい気品漂うバラは、長年多くの人から愛されてきたお花です。プリザーブドフラワーのお花の生産量もバラがトップを占めています。現在は、およそ30種類以上のカラーバリエーションがあり、色々なプリザーブドフラワーが販売されています。

壁掛けプリザーブドフラワーが人気!

プリザーブドフラワーで今人気を集めて注目されているのが、壁掛け出来るタイプのプリザーブドフラワーです。壁掛けタイプの良さは、何と言ってもディスプレイに場所を取らない事です。なので、狭い空間の場所であっても飾って楽しむ事が出来ます。いつものスペースに壁掛けプリザーブドフラワーがプラスされるだけで、また雰囲気がガラッと華やかになって素敵な空間に仕上げてくれます。では、具体的に壁掛けプリザーブドフラワーの人気の秘訣は何なのか見ていきたいと思います。

プリザーブドフラワーが人気な理由

シンプルな空間に明るさが出る

シンプルな空間に壁掛けプリザーブドフラワーがプラスされる事で、その空間が一気に華やいで空間が明るくなります。シンプルな空間が好みの方で、あまり物をごちゃごちゃ置いたり、飾ったりするのが好みで無い方でも、プリザーブドフラワーならば植物のお花なので、スタイリッシュな空間に仕上がり、スッキリとした雰囲気を崩す事がありません。また、色鮮やかなお花が空間のアクセントにもなって、オシャレな雰囲気が演出されます。壁掛けが出来ない場合でも、立て掛けてディスプレイする事も可能なので、自由にレイアウトが可能です。

絵を飾っているような存在感がある

プリザーブドフラワーは、見た目が美しくて、見ているだけで心を楽しませてくれます。よくインテリアに絵を飾る事はあると思いますが、インテリアにプリザーブドフラワーを飾るのも空間が活気付いて素敵です。サイズが大きい物をディスプレイすれば、存在感も強く出て一気に空間を素敵にオシャレに仕上げてくれます。インパクトはありますが、お花は空間を邪魔せず馴染んでくれるので、どんな空間にも溶け込んで空間に合わせやすい良さがあります。自宅のインテリアとしてのディスプレイするのはもちろん、職場やイベント会場等に飾って活用する事も有りです。

壁掛けプリザーブドフラワーはギフトにも人気

プリザーブドフラワーの魅力の一つにもなっているギフトは、壁掛けタイプが人気になっています。場所を取らずに可愛いオシャレなインテリアになるので、普段お花のお手入れが億劫でお花を部屋に飾る事が無い人でも、プリザーブドフラワーをギフトで貰ったら嬉しいですよね。自分では中々購入する事が無くても、人からギフトとして貰って嬉しいプレゼントに、プリザーブドフラワーは最適です。どんな方にギフトで贈っても喜んで貰えるギフト商品として人気があります。


ギフトに壁掛け出来るプリザーブドフラワー早速プリザーブドフラワーを見てみる